ナバル・カラジア立憲連邦共和国

Naval Karasia


ナバル・カラジアへようこそ。
ご訪問ありがとうございます。
我が国は名古屋市に存在するミクロネーションです。

ナバル・カラジアの国旗

カフカスやジョージアまたアブハジアのコーカサス地域の国旗に強い影響を受けている国旗。
国名の由来は名古屋のコーカサス国家で、天孫一族はコーカサスオオカブトが死去したことを切欠にナバル人の国家を建国した。

大統領府のエンブレム
大統領府はサカルトヴェロ民主共和国の大統領エンブレムを採用している。

ナバル・カラジアの国章
『ヴェルギナの太陽』と呼ばれるもので、天孫一族はカフカスを支配したアレクサンドロス大王やセレウコス朝やティグラネス大王が使用した紋章を我が国の国章としている。
これは大君がナバル人世界での支配者であると言う意味を込めている。

ナバル・カラジア

国名 ナバル・カラジア立憲連邦共和国
表記 ナバル・カラジア
政治 議会君主制
首都 パルンカジャス
公用語 ナバル語 日本語 グルジア語 アブハズ語
国歌 ナバルの清浄なる勝利(アブハジア勝利の替歌)
標語 ヴェルギナの太陽をナバルへ捧げる
宗教 キリスト教 イスラム教 ユダヤ教 ナバルの聖なる歌を捧げる会(宗教なの?!) 

【政府】 ナバル・カラジア大統領府
皇帝 大君陛下
大統領 ロドリゴ・ジェイガルシア
評議会議長 ジルス・アルハザード
開発大臣 羽山うらら
最高裁判所 鈴木ケンイチ
国務長官 背徳卿閣下

自治政府(9つ自治共和国と首長による統治)
ナバル・カラジア共和国
カラジア自治共和国
南北セオル共和国
ハルジア・グルーシ共和国
カラスカーフ自治共和国
モルニル・アウラヤ国
ドスピラス共和国
ティグラジア共和国
ツィンフェン共和国

概要
ナバル・カラジアは東海条約機構 議長国であり、ナバル人独立国家共同体の指導国であるだけでなく、M7、MUS(マイクロ国際連合)などの加盟国である。かつてM7加盟国であったが、2022年3月にエルリア併合をしたことでM7の参加資格を停止された。

歴代元首

ナバル・カラジア連邦の社会主義政権時代
歴代指導者
初代書紀コーカサス(コーカサスオオカブト)
初代大統領 背徳卿ナバル
2代目大統領 ジルス

ナバル・カラジア立憲連邦共和国
第3代(事実上初代)大統領 ジルス
第4代大統領 ロドリゴ・ジェイガルシア